『A Life』アライフ第4話感想・壇上は深冬を本当は愛していない!

アライフ

『A Life~愛しき人~』の第4話を見終わりました。

今回は医師と看護師の関係性とは何か、実際の現場で働く看護師が抱く思いをぶちまけたような内容でしたね。

これを見たたくさんの看護師さんたちはうなずいたことでしょうね。

でもこれはドラマです。

確かに現場ナースの声を取り入れているところは素晴らしです。

がしかし、これはアライフがルアルなヒューマンドラマを描こうとしているからこその演出なんでしょう。

多くの視聴者の共感を得たところで、本筋を展開していくんですね。

それでは、アライフ第4話のあらすじから書いていこうと思います。

Sponsored Link

❐A Lifeアライフ第4話のあらすじ

今回は壇上記念病院と片山関東病院との提携話で始まりました。

その提携病院となる片山関東病院でのこと。

沖田医師(木村拓哉)が執刀した手術中に起こった出来ごとを巡って、壇上副院長(浅野忠信)の苦悩するシーンが多かった第4話でしたね。

看護師の柴田由紀(木村文乃)が差し出した手術器具に怒った提携先のバカ息子。

それをフォローした沖田だったが、その一件で提携話もなくなってしまいかねない状況に追い込まれる壇上。

一旦は柴田由紀が退職を願い出たことで、事が収まるはずだったが

沖田は、深冬を助けるためには柴田が必要だと壇上に詰め寄る。

悩んだ壇上は苦渋の決断をする。

柴田を残すと…。

片山関東病院の院長には、処分せず病院に残すことを了承してもらうために、頭を下げる壇上だった。

その思惑とは一体なんなのか。

「死なせるわけにはいかないんだよ!」

これはどういう意味なのか。

Sponsored Link

❐壇上副院長の深冬に対する愛情の嘘!

第4話は医師と看護師の立場の違いや差別的なことが眼につきましたけど、この回での一番大事な場面は壇上副院長(浅野忠信)のラストのセリフですよ。

「死なせるわけにはいかないんだよ!」

これを見た時にゾっとしました。

病院提携よりもなにを置いても、妻の深冬(竹内結子)を死なせたくないという壇上(浅野忠信)の強い思いを感じました。

でも、それは一瞬です。

何故かって?

片山関東病院との提携を目論む壇上が、ひとりの看護師のために頭を下げるなんてありえないですよ。

確かに、沖田(木村拓哉)からオペナースの柴田由紀(木村文乃)を残すように言われたこともあるでしょうが、それだけじゃないですよ。

壇上は深冬より病院、いや院長の座に就くことことが大事なんだと!

もしかしたらもっと上を狙っているのかもしれないですけどね

壇上という男の言葉を信じてはダメです!

❐あとがき

壇上が片山関東病院からの紹介された患者の手術の様子を見に来たのだろうか、手術室に姿を表して、その手術の光景と妻・深冬が手術台に横たわる姿を重ねて想像し、動揺してしまう。

そのシーンからも、壇上が深冬を本当に愛しているんだと誰もが感じたでしょうね。

でも、これは最終話に向けて、どんでん返しのための演出なんだろうと思いました。

このまま綺麗事で話が終わってしまうなんて、ありえないですからね。

顧問弁護士との不倫もいつかは表沙汰になるでしょうし、提携の件でも何を企んでいることは明白ですから、ますます壇上という男から眼が離せませんね。

【関連記事】
【A Life】1話木村拓哉の演技が下手でドラマがつまらない感想多い理由とは!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする