吉田知那美は戦力外宣告されLS北見へ!カーリング世界選手権で嬉し涙を流す!

日本のカーリング女子がやりました!

カーリング女子日本代表のLS北見が、カナダのスウィフトカレントで行われている2016カーリング女子世界選手権で銀メダルを獲得しましたね。

この世界選手権では若い4人の選手が、大きな大会の雰囲気に呑まれることなく笑顔でプレーを続けていたことがとても印象的でした。

Sponsored Link

コミュニケーションもしっかり取って、一投一投気持ちののったストーンを放っていました。

決勝の試合内容も一進一退の攻防でしたが、最後は藤沢選手の涙で終わりました

藤沢五月さん、吉田知那美さんと夕梨花さんの姉妹、鈴木夕湖さんの4人の若い選手でしたけど、決勝まで来るとは誰が想像したでしょうね。

世界ランキングでは9位とまだまだ上位に食い込むことは難しいと誰もが思っていたでしょうから、とても嬉しい大番狂わせでしたね。

この4人の選手の中には、LS北見に来る前のチームから戦力外宣告を受けた選手がいることをご存知でしょうか。

吉田知那美

吉田知那美さん

◆生年月日:1991年7月26日

◆出身地:北海道常呂郡常呂町

彼女がカーリング女子快進撃の中心選手と言ってもいいくらい、とても明るく笑顔でみんなを引っぱっていってるように映っていました。

そんな吉田知那美選手でも、この舞台に立つまでにはとても苦しい思いをしてきたみたいですね。

知らない人には、知那美選手が悔し涙を流す姿を想像すらできないでしょう。

でも今回の世界選手権での活躍はその悔しさをバネにして成し得たことでしょうね。

Sponsored Link

❏北海道銀行の一員だった吉田知那美が涙した戦力外宣告

日本カーリングの本場である北海道の常呂町で小学校2年生の時からカーリングを始めた吉田知那美選手。

メキメキ頭角を現して中学生の時にhあトリのオリンピック日本代表だったチーム青森に勝利したことがあるほど、とても注目されていた選手です。

高校でもカーリングをやっていたようですが、中学で一緒にしていたチームメイトとは進学校が違っていたため、練習もままならず、思うような成績を出せずにいたみたいです。

知那美のさん自身は中学で活躍できたように、高校でも頑張ろうとしてたんだと思います。
でも、高校になると新しい生活が他のチームメイトにも始まって、どうやって行けばいいか悩んだことでしょうね。

高校卒業後はカナダのバンクーバーに語学研修のつもりで留学されています。
その下宿先がカーリングコーチの家だったのでそこでカーリングを再び学び始め、帰国後に「フォルティウス」に加入されています。

北海道銀行のカーリングチーム「フォルティウス」に所属していた吉田知那美選手は嘱託行員として仕事をこなしながらの競技生活を送っていたようです。

吉田知那美

2014年のソチオリンピックには北海道銀行のカーリングチームの一員として出場したほどの選手だった吉田知那美さんはその後、戦力外宣告を受けたんです。

当時は相当ショックだったことでしょう。

北海道銀行は日本カーリングの中心的チームでしたから、その中での競技生活は相当な覚悟と精神力を持って望まなくては行けなかったことでしょうね。

吉田知那美選手が当時を振り返って

「前のチームではカーリング界の大ベテランの先輩たちのもとで学ばせてもらって、ついていくのが正直必死な部分がありました。それがソチオリンピックで、私の技術であったりメンタル面だったりの不足が結果に現れてしまい、チームを離れなさいという宣告になったと思っています」

冷静に分析出来ることは、頭脳競技であるカーリングには重要な要素ですし、過去を引きずる様子もないことから、もう後ろを振り返ることはせず突き進む強い気持ちの現れだなって感じますね。

この戦力外宣告後にLS北見の本橋麻里選手が妊娠出産されるということで誘いを受け、そこから大きく人生が動き出したようです。

人生には必ず何か大きな転機がありますよね。

それが吉田知那美選手に対する戦力外宣告だったんでしょう。

「自分の足で、自分の頭で考えてカーリングをしようという風に変わりました」

この言葉は全く後ろを向いていない

とても強い覚悟をもってカーリングに打ち込もうという気持ちがうかがえます。

今回の世界選手権をテレビで見ていても、戦力外を受けていたなんて想像もつかないほど、笑顔を見せながら生き生きとプレーする吉田知那美選手の姿がとても印象強く残っています。

今までだと、真剣なことはいいけど、慎重になりすぎているように見えたりしていたので、楽しく競技をしている彼女たちはとても美しく映っていました。

銀メダルは嬉しいでしょう!

でも、とても悔しい銀メダルです。

まだまだ彼女たちは生長します。

生長したその勇姿をまた来年の世界選手権で見せて下さい。

そして今度こそ 金メダルを掴んで欲しいですね。

これからもLS北見の吉田知那美選手やチームメイトを応援したいと思います。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする