負けるな芸能人!紗栄子や井上晴美を襲った「不謹慎狩り」とその人物像とは!

国内で大災害が起こると、誰もが災害が発生した地域を心配する。

それは人として普通でしょう。

被災地を冷やかすような言動をするほうが、人の心を持たない「ひとでなし」でしかありません。

熊本地震という大災害が発生してから、その地域で被災した人たちを心配して多くの芸能人がコメントを発信したり、寄付をするなど今できることを行動に移しています。

しかし、その行動を温かく受け止めない日本人がいるようです。

このような災害時には芸能人をターゲットにしたネット上に現れる【不謹慎狩り】というものが横行するようなのですが、この言葉自体あまり知られていないような気がしますね。

先の震災でもあったようなんですが、どんな人が【不謹慎狩り】ということをしているのでしょうか。

❏不謹慎狩りの被害にあった芸能人たち

peace-1183282_640

熊本地震が発生してからたくさんの芸能人がコメントを発信しています。

西内まりやさんはTwitterで

「非常時に必要な物一覧。何かあったら参考にしてね。九州の方だけではなくみーんな、備えあれば憂いなし。頑張ろう。支え合おう。?」

こういうコメントと震災に必要なものを一覧したイラストを投稿したことで、ネットで批判の標的になってしまいました。

更にタレントの紗栄子さんが被災者のためにと500万円という大金を寄付されたことにも噛み付きました。

振込用紙なのか金額が記入された用紙の画像をアップ。

ちょっとこれはやり過ぎかなと思うところもありましたけど、やっぱり批判されてしまいましたね。

「いちいち見せなくても」

「好感度あげたいのか」

などなど、そうだなというところもありますけどすぐに反応してきたところがネットの凄さですね。

井上晴美さんも餌食になった芸能人です。

彼女自身は直接震災にあって、家が全壊した上に水や食料がなくて、大変な状況をブログで報告されていました。

震災被害にあったにも拘わらず芸能人というだけで誹謗中傷のターゲットになってしまい、ブログの配信を停止されました。

彼女自身が被災者なのに、現状を発信しただけで非難されるなんて悲しすぎます。

更に、全く関係ないところでも

長澤まさみさんがインスタに写真をアップしたその画像に対して批判したりと何でも噛み付いて、もはや批判ウイルスのようにあちこちに感染していくようですね。

この他にも上地雄介さんや藤原紀香さん、ベッキーとの不倫問題でバッシングを受けたゲスの極み乙女の川谷絵音さんなど、たくさんの芸能人がネット上で「不謹慎狩り」にあってます。

ではこのような「不謹慎狩り」をするネット民とはどんな人達なのでしょうか。

❏「不謹慎狩り」をする人物は同一なのかそれとも・・・

スポンサードリンク

SNSを利用して多くの震災被害者に向かってエールを送る芸能人が「不謹慎狩り」というバッシングを受ける報道が多くなり、それは誰がやっているのか、どんな人がやっているのか気になりました。

せっかく被災地の人たちが少しでも元気になってほしいという尊い気持ちから、たくさんの芸能人が発信してくれているというのに。

その「不謹慎狩り」をしているネット民とはどんな人たちなのでしょうか。

まず考えられるのが

・ネット上にある情報を見られる時間がある人

・芸能情報に強く、災害が起こった時に芸能人が取る行動を知っている人

・多くの芸能人のTwitterをフォローしている人

・震災のあった場所に住んでいる、または出身の芸能人を調べてまわっている人

・芸能人の発信に対して歪んだ気持ちを持っている人

・バッシングしてそれに賛同してくれる人が現れることで自分を正当化し、それで満足感を得ている人

・とにかく何でもいいから批判したい人

・ただ自分がイライラしていて、八つ当たり感覚で書き込んでしまう人

・批判することで話題にになることを知っていて、自分の発言がネットでニュースの記事になることが嬉しく優越感を得ている人

他にもあるかもしれませんが、はっきり言えるのは「みんなおかしい人」です。

こんなことしたって何の意味もありませんよね。

自分の気が晴れればいいだけという、自己満足的な部分でせっかくの善意を潰すなんて言語道断です。

確かに芸能人の発言の中でも「こんなこと言うの絶対おかしいよね!」という内容もあることはあります。

それに対して「おかしいんじゃないですか」というのはまだいいでしょう。

でも、それも言い方が大切です。

ただの個人攻撃になってしまうと、それ自体が◯◯狩りと言われかねませんから。

plant-1300809_640

こういうときこそ日本人は手を取り合って、ネット上でも同じ気持になって被災地を応援するのがあたりまえじゃないでしょうか。

それができない日本人がいること、そして増えているのはとても悲しいことです。

どうして多くの芸能人が災害が起こった時に応援メッセージや寄付などを積極的にやってくれるのでしょうか。

たぶんそれは芸能人たちが、たくさんの日本人からいつも応援されているからです。

だから逆に応援してくれている人たちを応援したくなるんです。

それを知っているからこそ出来る行動の現れなんじゃないでしょうか。

不謹慎狩りという言葉もどうかと思いますけど、それに負けないでもっとたくさんの芸能人に発信して欲しいと思います。

一握りの心ない人間に謝るひつようなどありません。

それよりも多くの被災した人たちを元気づけて下さい。

それが芸能の世界に生きるあなた達の今できることじゃないでしょうか。

私も何も出来ないひとりですけど、こうやって芸能人の方たちを応援することで、少しでも役立てばいいと考えています

バッシングに負けないで、芸能人としてそして人として出来ることをやっていってもらいたいものです。

頑張れ芸能人!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする