前野朋哉が一寸法師っていつから?!auCM隠れキャラクターに映画監督!

大人気TVCMのau「三太郎」シリーズですけど、次から次と新しいキャラクターが登場して、最後はどうなるのか想像すらできなくなって来ました。

桃太郎に浦島太郎、金太郎も登場しての「三太郎」

同時期に生きていたわけではないだろうけど、三人が友達だったら面白いだろうなって想像するとこうなるんでしょうか。

かぐや姫や竜宮城の乙姫、鬼や花咲かじいさん

もう日本昔話の登場人物?のオンパレード。

そしてまた一人新たに登場するキャラクターがいるようです。

でもそのキャラクターは以前からCMに登場していたというじゃありませんか。

「隠れキャラクター」

これは前からツイッターでもつぶやかれていたようですけど、初めて知った方もたくさんいるはずです。

そういう私も全くわからず、いつも楽しそうな三太郎を何の疑いもなく見ていたのですから、なんで気が付かなかったのか悔しいですね。

❐一寸法師隠れキャラクターはいつからいたの?!

一寸法師

auも面白いことを仕掛けたもので、隠れキャラクターとは恐れいりました。

日本昔話に登場する人物?を考えれば

一寸法師もありえましたね。

それではいつから一寸法師は登場していたのでしょうか。

au「三太郎」のCMはほんとにたくさん放送されているので、どれが先立ったのかわからなくなっているんですけど、多分「かぐや姫の帰省」篇からじゃないかと思うのですがどうでしょう。

動画サイトで見ているとこれだけ一寸法師が登場していました。

「かぐや姫の帰省」篇

「月との交信」篇

「竜宮城ぷるぷる」篇

「鬼、登場」篇

「愛の結晶」篇

「鬼と鬼嫁」篇

「花咲爺さん」篇

「ネギ」篇

「恋愛相談」篇

「おはぎの日」篇

「ダブルス」篇

まだ他にもあるかもしれませんから、映像をチェックしてみるのも楽しいかもしれませんよ。

❐前野朋哉さんが映画監督って知ってました?

スポンサーリンク



ところでこの隠れキャラクター・一寸法師を演じている方をご存知ですか?

前野朋哉(まえのともや)30歳で結婚もされています。

大学は中央大学文学部哲学科と大阪芸術大学芸術学部映像学科を卒業されているようです。

俳優としてより映画監督としてとても才能のある方で、監督作品「GOGOまりこ」でハンブルク日本映画祭に正式招待され、京都国際学生映画祭では入選されています。

更に「脚の生えたおたまじゃくし」では監督と脚本、主演までされ数々の賞を受賞されるなど有望視された方です。

俳優としても最近では「重版出来」に出演されているので、気がついた方もいるでしょうね。

ほんわかとした印象を受ける前野朋哉さんですけど、映画監督としての鋭い感性を内に秘めていることもあって、ほんとにたくさんの作品に俳優として参加されています。

「桐島、部活やめるってよ」や「舟を編む」、「図書館戦争」など有名な作品の名前が並んで登場します。

そんな前野朋哉さん。

このCMで演じる一寸法師は

「態度が大きくて、気が小さい」という設定らしいので、監督目線でどう演じられるのかとても楽しみですね。

そしていま出演されている「重版出来」でもちょっと意識して見たいと思います。

さて、このauのCMはこの隠れキャラクターで終わるのでしょうか。

それともまだ他の日本昔話から次々と新たなキャラクターを登場させるのかとても楽しみになってきました。

こんどはどんな新キャラクターが登場するのか予想してみるのも楽しいかもしれません。

今回は隠れキャラクター・一寸法師役の前野朋哉について少し触れてみました。

これからちょっと気になる俳優さんになったので、演技にも注目です!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする