上川隆也の冴羽リョウが好評で泣いた鈴木亮平。アニメ好きは本物!

10月からスタートした人気アニメのシティーハンターの主人公冴羽リョウが繰りなす

ヒューマンドラマを描いたエンジェル・ハートがついに実写ドラマ化されました。

最初注目はこのドラマの主人公である『シティーハンター冴羽リョウ』を誰が演じるのかということでした。
多くの俳優陣から白羽の矢が立ったのが『上川隆也』さんです。

上川隆也さんといえば最近の最近出演されたドラマで好評だった「花咲舞が黙ってない」の銀行員役のイメージがまだ強くて

「ちょっとどうかな?」

って言う感じがしていましたけど、実際ドラマをみた方にはどう映ったんでしょうね。

上川隆也

暑い胸板をつきだし、ズボンのポケットに手を突っ込んだ立ち姿。
冴羽リョウになってるじゃないですか。

このポーズは漫画でもよく出てきますよね。
いちばんリョウさん(両津勘吉じゃないですよ)らしいポーズじゃないかなって思うのは私だけでしょうか。

上川隆也のアニメ好きの原点はどこ?

スポンサードリンク

上川隆也さんが筋金入りのアニメオタクだということは、ご本人が公言されていることから周知の事実となっていますけど、どれくらい好きなのでしょうか。

上川隆也さんのアニメオタク度を調査したところ、アニメDVDは数百本持っているらしいのです。この年代なら少年サンデーやマガジン、少年ジャンプなどでたくさん漫画に触れた年代でしょうね。

上川隆也さんがアニメオタクになるきっかけを作った作品が松本零士作の

「宇宙戦艦ヤマト」だそうです。

宇宙戦艦ヤマト
私の想像ですが、多分上川隆也さんは森雪が好きになって、そこからアニオタの世界にハマっていったんだと思うんです。

「古代君が、古代君が死んじゃう」

このセリフを聞いて古代守と森雪の深い愛を知り、自分に投影していったんじゃないでしょうか。
マンガやアニメを見ていると、想像力を膨らませながらみることができますよね。

上川隆也さんの俳優の基礎がそこにあるような気がします。

上川隆也の冴羽リョウにヤキモチを焼いてる鈴木亮平

上川隆也さんが冴羽リョウ役をすることになって

とても悔しがっている俳優さんがいます。

以前から公言されていて、いずれ自分が冴羽リョウをするんだと

意気込んでいたのを思い出しました。

その俳優というのが「鈴木亮平」さんです。

鈴木亮平

彼もシティーハンターファンで冴羽リョウに憧れているところがあるようです。
いつか実写化されるのであれば、自分が冴羽リョウになりたいと・・・

「今すぐってわけじゃないですが、もう少し年を重ねたら『シティーハンター』(北条司作)という漫画の実写版で、主人公の冴羽リョウを演じたい。大好きなんです。有言実行!」

ここまで大好きなシティーハンターの冴羽リョウだったのに、上川隆也さんに先を越された形になってしまって至極残念がっていることでしょう。

でも、それより上川隆也さんが演じる冴羽リョウのドラマ「エンジェル・ハート」は絶対見逃さないでしょうね。
悔しさ半分、ワクワクしながら見ているかもしれませんよ。

上川隆也

上川隆也さんの演じる冴羽リョウにこれからも期待大

アニメが実写化されても、アニメのキャラクターを超えることはないでしょ。
それでも俳優魂で演じる生身の人間としてにじみ出るものは何かあるはずです。

アニメオタクであり俳優としても実力のある上川隆也さんの冴羽リョウに
これからも期待したいですね。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする