ベッキーCM崩壊!ゲス乙川谷との不倫騒動で木部さんピンチ?

テレビやネットでは毎日のようにベッキーさんとゲスの極み乙女の川谷絵音さんとの不倫報道ばかりで、もうどうでも良いんじゃないって感じている人も多いんじゃないでしょうか。

だってその報道が自分の生活に何のプラスにもならないわけですから。

ベッキー

ただ興味本位と明日の職場での話題のネタにできるからくらいの関心なら、別に見る価値ないんじゃないかなって思います。

LINEから漏れた二人のやり取りも、それが真実なら気分の悪いものですし、今同じような思いをしている人がいるとしたら、信じられない内容ですからね。

今の話題はべキーさんのCMがどうなるのかに関心が移っているようなので、少し個人的見解を含めて調べてみました。

 ❏ベッキーの出ているCMがTVから消える日もすでにカウントダウン

スポンサードリンク

TVから流れるベッキーさんはとても明るくて誰とでも仲良くなれる人柄に映ってますよね。

だから好感度抜群!小さい子供たちから年配の方までファンの年齢層も幅広いはずです。

ベッキーさんを大企業がCMキャラクターとして採用したがるのもそんなところにあるようです。

でも今回の不倫騒動でスポンサー各社が契約終了やCMを差し替えるなどの対応を始め、10社にも及ぶ企業のベッキー登場CMが消えてしまうことになりそうです。

・ケイ・オプティコム「携帯電話サービスmineo(マイネオ)」
・スズキ「自動車のアルトエコ」
・ローソン「コンビニLOWSON」
・スタジオアリス「写真スタジオ」
・花王「入浴剤バブ」
・太田胃酸「薬:A錠剤」
・ソースネクスト「PCソフト」
・ナガセ「全国統一高校生テスト」など
・損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険「生命保険」
・NTT都市開発「ミソノミラクルワールド(新築分譲マンションプロジェクト)」

企業側も今回の不倫騒動でベッキーさんを使用することのデメリットを総合的に判断されたのでしょうが

「騒動をかんがみて更新しないことを決めた」

「いろいろなお声を頂戴した結果」

などの報道もありました。

『芸能人は歯が命』

昔はそう言われていた時代も、今は

『芸能人はイメージが命』

芸能人もキャラクターだけでなく、イメージというものがとても大切になってきます。

清潔なイメージや明るいイメージなど企業は自社の製品のイメージに合うタレントさんを起用するので、それを損なうようなことがあるのなら、企業自体のイメージダウンに繋がることになるので安全な選択をするのが普通でしょう。

すでにベッキーさんのオフィシャルブログのWorkページには、『CM』欄にひとつも会社名が書かれていませんでした。

これはすでにCMがなくなったという証拠でしょうね。

もうここまで来るとこの騒動の代償がどれだけ大きかったか、ベッキーさん本人も痛感しているでしょうし、これから芸能界で生きていくこと自体がもしかしたら辛くなってしまうかもしれないですね。

 ❏ベッキーの不倫騒動が引き起こす「木部さん」に与える影響

木部さん

人気番組の「モニタリング」は、人の起こす行動や心理状態をいろんな場面を通して面白く見せてくれる興味深い番組なので、誰もが楽しめるほんとに人気のある番組です。

その一角にとても偏屈な登場人物がいますよね。

だれもが知ってるベッキー扮する「木部さん」です。

いま、その木部さんはどうなってしまうのかが注目されているようです。

神出鬼没な木部さんは異様なキャラクターで視聴者を楽しませていたのに、この騒動で一番迷惑を被ったのが「木部さん」じゃないかなって思います。

「私の存在をどうしてくれるの!?」

木部さんの心の叫びが聞こえてきそうです。

もうこうなったら、木部さんがモニタリングの司会やってもいいくらいですね。

あれだけ一生懸命に番組に尽くしてきたんですから、これからは報われたって良いでしょう。

もう一度木部さんに会いたいという人はたくさんいるでしょうから、いろいろ大変なことはあるでしょうが、今は辛抱するしかないので、いつの日か会える日を楽しみにしています。

木部さんも大人なので、どう行動したら良いのかわかっていらっしゃるはずです。

木部さんのためにも、早くこの騒動がきちんとした形で決着することを願いたいですね。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする