松潤は趣味は99.9%以外な「盆栽」!ハマった理由はロマンチック!

ジャニーズ嵐のメンバーである松潤こと松本潤さん

ドラマ『99.9-刑事専門弁護士』で料理の味にこだわりを見せるイケメン弁護士を演じられています。

印象は頭がキレる刑事弁護士なんですけど、自前の調味料を持ち歩くところは、相当変わった人物像として映ってます。

食事をする前に子供の頃は

「いただきマンモス」ってよく言ったものですけど

松潤演じる弁護士さんは

「いただきマングース」

だったか

「きただきマングローブ」

などとおかしなこと言って顰蹙買ってましたね。

自前の調味料を持ち歩くなど少し変わってるんですけど、頭がキレる凄い弁護士を演じられてますよね。

99.9-刑事専門弁護士

プライベートでも、何やら想像もつかないような趣味にこだわりを見せているようなんです。

それもとっても渋くて、アイドルである彼からは全く想像がつかないものでした。

さて その趣味ってどんなものだと思いますか。

❏アイドル松潤からは想像つかない渋い趣味って!

スポンサードリンク

松本潤さんのテレビから受ける印象は、何にでも真剣に取り組む性格に見えます。

ファンの方なら良くわかると思うんですけど、けっこう好きになったらのめり込むタイプかと。

勝手に抱いたイメージなんですけど、やっぱりそうだと思うような趣味を持ってるって最近知って驚いてしまいました。

それがとっても渋い!

『盆栽』

盆栽って聞くと、高齢のお年寄りが庭木眺めながらゆっくりした時間を楽しんでいるようなイメージなので、全く松本潤さんに結びつきません。

渋い

あまりにも渋すぎるけど、何故か逆に凄いなって。

調べていくと、最近では小さい鉢に木を植えてつくるミニ盆栽をする若い人が増えているらしいので、松本潤さんも何かしら盆栽に魅せられるものがあったのでしょうね。

でもどうして『盆栽』にたどり着いたのでしょうか。

❏松潤がのめり込んだ「盆栽」の魅力って?

盆栽

2015年に「盆栽博物館」に出掛けたことがあったようですね。

どういう理由で行かれたのかはわかりませんけど、そこで受けたインパクトがとても大きかった。

盆栽名人の

「手塩にかけて20年目。あと40年たてばいい感じになる」

この言葉にとても感動した松潤。

「これ(盆栽)の完成形は、持っている人は見れないかもしれないということがロマンチックだなと思ってはまりました」

盆栽は鉢の中にただ木を植えるだけでなく、その一鉢に四季を感じて楽しむものです。

プラモデルのように完成したら、次を作るというものじゃなくて、その一鉢を何十年掛けて育て上げ、共に成長していけることに魅力を感じたんじゃないでしょうか。

その小さな自然を活かすも殺すも、その鉢を手にした人にかかっていることから、生きることや逆に生かされていることを実感できること

それが『盆栽』にあると...

なんか松本潤さんが好きになってしまいました。

来年は「第八回 世界盆栽大会」が28年ぶりに日本のさいたま市で開催されます。

松潤も絶対「世界盆栽大会」に参加されるでしょうね。

盆栽は今や日本だけじゃなくて世界に愛好家がたくさんいるようで、決してオヤジだけの趣味ではありません。

若い女性でも盆栽にハマる人もいるので、松潤と趣味である『盆栽』の話ができるように小さい鉢からはじめられては如何でしょうか。


松本潤さんの以外な趣味『盆栽』について見てきました。

芸能界でトップアイドルとして君臨する『嵐』

その姿からは想像できませんでしたけど、動の世界と静の世界。

そのバランスがアイドルである松本潤さんに良い影響を与えているのかもしれません。

これから見せてくれる演技にもそれが生かされているのでしょうね。

いつか松本潤さん自身の盆栽展を開いてもらって、もっと若い人たちに日本の『盆栽』の魅力を広げていってもらうと同時に、松本潤さんが盆栽のように20年、30年と末永く活躍され魅力溢れる人物に成長されることを願っています。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする