迷惑メールやネット被害も消費生活センターで相談「電話188番」

ある日突然、知らないサイトから利用料金の請求がメールで送られてきたらあなたはどうしますか。

それもアダルトサイト閲覧による請求となると、誰かに相談することを躊躇するはずです。

見たことすら覚えていないし、記憶にもないサイトの利用料金の請求であっても、メールの内容にちょっとビビってしまうんじゃないでしょうか。

「法的処置を取らせていただきます。」

「必ず、ご確認の上、ご連絡お願い致します。」

これやばいんじゃない?って思ったら相手の思う壺です。

あなたの不安な気持ちをあおって、連絡してくることを期待しているのです。

「それこそ迷惑メール詐欺の狙いです!」

誰かに相談できないような内容でメールを送りつけて、お金を騙し取る手口ということです。

インターネット

他にも、アダルトサイトを無料と思って見ていたら突然!

「ご入会ありがとうございました。」

という画面が飛び出し、高額の利用料金を支払うように促されるなど

インターネット上で、さまざまなトラブルに遭遇することが増加しています。

❏連絡しなければ自分の個人情報を知られることはありません。

迷惑メール

このような迷惑メールや詐欺アダルトサイトには必ず連絡先が記載されています。

メールの内容はメールを受け取った相手を不安にさせるような内容になっているはずです。

何度読み返しても不安が消えることはありません。

いっその事、連絡先に書いてある電話番号に電話をかけて

「覚えがないから利用料金を請求されても困る!」

そう言いたくなる気持ちはわかりますが

ちょっと待って!

『絶対!電話をかけてはいけません!』

もし電話をかけてしまえば、そこからあなたを追い込むために言葉巧みにお金を払わなければならない状況へ持って行こうとします。

相手に電話をかけなければ個人情報を知られることはありませんから、冷静になって

あなた自身見に覚えのない不当な請求なら悩む必要もないはずです。

もう一度言います。

『絶対!電話をかけてはいけません!』

❏迷惑メールの不安をなんとかしたい時は『消費者ホットライン188(いやや)』

スポンサードリンク

メールが来てから日が経つに連れて不安が増大してきます。
そのままではなんの解決にもならないのは十分わかっているはずです。

どう解決するのか?

誰かに相談することです!

『消費者ホットライン188(いやや)』に電話をかけましょう!

消費生活センターなら聞いたことがあると思いますが、自分の住んでる地域の消費生活センターがどこにあって、どうやって相談するのか知らない人がほとんどです。

誰でも迷わずに電話を掛けられるように、全国共通の電話番号ができました。

悩んだら「最初の一歩」を踏み出すために

『消費者ホットライン 188番』へ電話をしてみましょう。

❏消費者ホットライン188番の利用方法

スマートフォン

電話をかけるとどんなアナウンスが流れるのかを説明しておきます。ガイドにそってあなたの情報にあった番号を押していくと最寄りの消費生活センターに繋がるようになっています。

固定電話と携帯電話では流れが違うことがありますが、ガイダンスに従えば問題はありません。

これが行動の第一歩です。安心して電話をかけてみましょう

①「188」番に電話を掛ける。

②アナウンスが流れる。

「こちらは消費者ホットラインです。最寄りの相談窓口を御案内いたしますので、 お住まいの郵便番号が分かる方は「1」を、そうでない方は2を押してください。」

③郵便番号がわかる時は「1」を押して「自宅の郵便番号」を押す。

④「現在開所している最寄りの相談窓口へおつなぎいたします。 この通話は、○○秒ごとに、およそ○○円の通話料金で御利用いただけます。」

⑤最寄りの消費生活センターに繋がる。

郵便番号がわからない場合は・・・

①「188」番に電話を掛ける。

②アナウンスが流れる。

「こちらは消費者ホットラインです。最寄りの相談窓口を御案内いたしますので、 お住まいの郵便番号が分かる方は1を、そうでない方は「2」を押してください。」

③郵便番号がわからない時は「2」を押す。

「お住まいの地域を選択して下さい。 ○○市は1を、○○市は2を・・・ 押してください。」

④アナウンスで流れてくる地域の番号を押す。

⑤最寄りの消費生活センターに繋がる。

これで最寄りの消費生活センターにつながり相談できるようになります。

そこからは通話料がかかりますが、相談は無料でしてもらえますので通話料金がかかっても、今の不安な気持ちをなんとかしたいという思いのほうが大きいはずです。

電話をかける前に、相談内容をしっかりまとめておくことをおすすめします。

電話口でシドロモドロだと時間ばかりかかって、相談員の方に真意が伝わらないこともあるでしょう。

早く不安から開放されたいのなら、どのような内容でどんな相談なのか、何が不安なのかしっかりまとめてから相談しましょう。

もう一度言いますね。

『絶対 一人で悩まないこと。』

『絶対 相手に連絡しないこと。』

これを守って、インターネットの世界には危険なことがたくさんあることを認識しつつ、上手に利用することが大切です。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする