仲田歩夢が夢見るオリンピックが実現?。可愛いレフティーの出身校

「行列ができる法律相談所」に出演の仲田步夢さんは、サッカー選手にしておくにはもったいないほど可愛いと評判のプレーヤーです。

「可愛すぎるレフティ」が仲田步夢の代名詞みたいになっていますね。

可愛いとすぐ注目されるので、たくさんのファンの視線を集めていることは間違いないようです。

そんな仲田步夢さんはチームINAC神戸に所属して、大好きなサッカーを思いっきりプレーしている姿がまた美しいです。

❏仲田歩夢さんのニックネームが可愛いけど本人的には?

仲田歩夢

生年月日:1993年8月15日

年齢:21歳

仲田 歩夢(なかだ あゆ)

出身:山梨県山梨市

身長:161cm

重:55kg

血液型:A型

愛称:あゆ、ポム

所属チーム: INAC神戸レオネッサ

切れ味鋭いドリブルで相手をかわしながらアタックへ持ち込むレフティーのサイドアタッカーとして活躍している仲田步夢さんですが、ファンからから呼ばれるニックネームにちょっと照れる部分があるようです。

「あゆ」は普通に名前を呼ぶだけですけど、「ポム」って呼ぶファンもいるようで、それについて正直に注文を言っていました。

本人的には「あゆちゃん」って呼ばれる方がいいみたいです。

ポムって名前の感じを読み替えたものですけど、なんか可愛いぬいぐるみみたいにホワンとしたイメージが浮かんできます。

でも彼女的には切れのあるドリブルで突破する強いプレーを目指しているでしょうから、そんなイメージがつくとちょっとどうかなって感じになってるんだと思います。

ファンの皆さん これからは「あゆちゃ~ん」って声援してあげてください。

❏仲田步夢が卒業した有名私立高校はサッカーの名門校

スポンサードリンク

仲田步夢さんがサッカーをはじめたのが小学校一年生。

お父さんがサッカーの指導者ということもあって小さい頃からサッカーに接していたんでしょうね。

フォルトゥナSCレディースで中学までプレーしていたわけですけど、高校進学という問題が出てきます。

山梨県の高校で女子サッカー部があるところは、日本航空高校、帝京第三高等学校、甲府商業高校、富士北陵高校何でしょうか、県大会の組み合わせでもこの4校の出場でした。

各校の実力ははっきり別れるようですが、そのどこにも行かず越境し進学に選んだ学校が

『常盤木学園高等学校』

女子校でありながら女子サッカー部が有名で数々の有名選手を排出している学校のようです。

獲得した試合でのタイトル獲得数は全国高校で最も多く16回の優勝を誇る実績のある高校です。

この学校出身の女子サッカー選手を一部ご紹介しておきます。

・中田麻衣子 愛媛FCレディース所属

・佐藤愛     伊賀FCくノ一所属

・渡辺樹里 バニーズ京都SC所属

・天野実咲 ベガルタ仙台レディース所属

・宮川葉月 伊賀FCくノ一所属

・鮫島彩     ベガルタ仙台レディース所属

・中川千尋 岡山湯郷Belle所属

・田子亜貴 SC07バート・ノイェンアール所属

・田中明日菜 INAC神戸レオネッサ所属

・小原由梨愛 アルビレックス新潟レディース所属

・熊谷紗希 オリンピック・リヨン所属

・後藤三知 浦和レッドダイヤモンズ・レディース所属

・中村楓 アルビレックス新潟レディース所属

・京川舞 INAC神戸レオネッサ所属

・鈴木里奈 浦和レッドダイヤモンズレディース所属

・仲田歩夢 INAC神戸レオネッサ所属

・道上彩花 INAC神戸レオネッサ所属

これだけの女子サッカー選手がこの学校の出身者ということはとてもすごいことですし、

いかに女子サッカーのレベルアップに力を入れているかがわかります。

ここまでの強豪校で切磋琢磨してきたわけですから、サッカーに対する情熱は冷めないはずです。

❏仲田歩夢が目指す2020年東京オリンピック

仲田選手も思い通りのプレーができなくて悔しい時期もあったようですが、それでもサッカーが好きということに変わりはないはずです。

彼女自身も目指すところは2020年の東京オリンピック。

それまでサッカーを続けていることはまちがいありません。

「一生に一度あるか、ないか」

そう位置づける2020年東京オリンピックに出場することが仲田歩夢選手の大きな野望?のようです。

仲田歩夢選手はこれからどんどん成長してなでしこJAPANの主力選手として活躍されることは間違いありません。

その活躍をこれからも期待したいですね。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする