【青空レストラン】大野拓朗イケメンロミオも砂里芋にうまい連発!

「とと姉ちゃん」で青柳家の跡取り息子を演じていた大野拓朗さんが宮川大輔の『満天☆青空レストランに』出演!

今夜は新潟県北蒲原聖龍町からの食材を紹介するようですね。

『砂里芋』

これ!どう読むかわかりますか?

私、そのまま「すなさといも」と読んでしまいました。

おなじように「すなさといも」と読んだ方は日本中にいることでしょうね。

普通に読めば「すなさといも」としか読めませんものね。

えっ!しつこい!

それでは正解

『さりいも』

砂の里と書いて、「さり」と読むんだそうです。

この砂里芋(さりいも)は砂地で育つサトイモなんだそうです。

育つ環境は普通のサトイモとは違うので、栄養が凝集されていて粘りもすごい芋だそうです。

この「砂里芋」の料理を青空レストランで紹介されたんですけど、なかなか美味しそうでした。

ゲストにあのとと姉ちゃんに出演してた大野拓朗さんですから、このイケメン男子が味の感想をどう表現してくれるのか楽しみです。

Sponsored Link

❐大野拓朗も絶叫するほど美味しい砂里芋

この砂里芋(さりいも)は砂地で里芋をつくることはとてもむずかしいそうですね。

ふつうは土に植えて育てるんですって。

でも、この砂里芋は砂地に植えて作る。

これって結構無謀なことらしい。

それを可能にするために水や栄養を与えるタイミングを工夫してできるようになったそうです。

最初に大野拓朗さんが食した料理?は

「焼き砂里芋」

シンプルに砂里芋をアルミホイルにつつんで焼いただけのもの。

シンプルが故に素材の味をそのまま味わえるというものです。

焼き加減は串を一突き!

砂里芋を貫き、焼きあがっていることを確認。

大野拓朗さんは「いっちゃった!」と嬉しそう。

あまーい!

おいし~!

こんなに違うんですね。ふつうの芋と!

あまーい オイシー こんなに違うんですね、ふつうの里芋と!

芋作ってる人の笑顔がすごいよかったね。

自分が手塩にかけて作った塩里芋をあれだけ美味しそうにたべてくれるんだから、嬉しくないはずないですよね。

他にも

里芋とアボカドのサラダ

里芋の豚肉のかんずり炒め

サク!フワ!トロ!プリ!

里芋のワンタン

砂里芋のポタージュスープ

村上牛を使った芋煮

すべて最高に食べたくなるような料理でしたね。

それに大野拓朗さんの食べたあとのリアクションは最高でした!

美味しさを全身で表現してたし、顔が面白かったですね。

これだけ美味しさを上手に表現できるんなら、食レポのお仕事もこなせるでしょうね。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする