小4女子がオレオレ詐欺から祖母を救う!機転をきかせお父さんに電話!

2014年振り込め詐欺などの特殊詐欺の被害額が500億円を突破するという、信じられないほどの金額になっていることをご存知でしょうか。

お婆さん

その中でもオレオレ詐欺といえば、息子を装ってお年寄りに電話を掛けて、今すぐにでもお金が必要だから同僚が取りに行くとかなんとか言葉巧みに現金をだまし取ろうとする手口です。

そんなオレオレ詐欺を食い止めた小学生がいるとネットで紹介されていましたので、皆さんにもご紹介したくて記事にしました。

❏「おばあちゃんがお金を数えている」その姿が異様だった?

スポンサードリンク

一つ屋根の下で一緒に暮らしているのなら、自分の家族がいつもどんなことをして過ごしているのかわかるのが当たり前ですよね。

でも親や兄妹ならまだしも、お婆さんのいつもの生活ぶりをしっかり見ていることって、息子や娘ならまだしも、孫である小学生が気にしていることってそんなにあるものじゃない気がします。

今は自分の部屋を持って、そこに入ったきり出てこないとか、出入りも嫌がるくらいの子供も多いなか、この女の子は違っているのかもしれません。

女の子

その女の子が何故「なんか変だな」って思ったのが

『祖母が現金を数える姿』

これだったんです。

たったこれだけで、「あれ?どうしたんだろう」と気にけかることができた。

それがとても重要なことなんだと後で気づくことになります。

❏「声を掛けてみる」当たり前のことで救うことができた!

お婆さん

その女の子はちゃんとお婆さんに声を掛けます。

すると

「息子(女児の父親)から電話があって、出張先で大事な物を紛失したためお金が必要と言っている」

そう返事が帰ってきたそうです。

お父さんが出張に行くことも聞いていなかった女の子は

「オレオレ詐欺に似ている」

そうピン!ときたんですね。

すぐにお父さんの会社に電話して、お父さんとお婆さんが直接話しをしたことでお婆さんが「オレオレ詐欺」だということに気がついたんです。

この女の子がお父さんの職場の電話番号が何処に書いてあるかを知っていたということが凄いですね。中学や高校生ならまだしも小学校4年生でお父さんの職場を把握しているこが、この家族のコミュニケーションがとてもうまく行っている証拠だと感じました。

家族

少女のコメント

「うれしい。詐欺だと気がついたときはびっくりした。私も電話を受けて、お金がほしいと話されたら詐欺かもしれないと疑うようにしたい」

ちょっとした声掛けで大事に至らなかったわけですが、どの家庭でも当たり前にできることではないでしょう。

人との関わり方はやっぱり家族との関わり方が基本となっていると感じます。

オレオレ詐欺を防ぐ方法がなかなか無くて被害は増加の一方です。

普段からしっかり家族とのコミュニケーションができていれば、お互いを信じることで、このように詐欺被害も防げるかもしれません。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする