大坂なおみ全豪沸かすビッグサーブ!ラケットに込める一打は親子の絆!

2016年全豪オープンで、大阪生まれの日本人選手が注目を集めていることをご存知ですか。

世界ランキング21位のエリナ・スビトリナ(ウクライナ)を6-4、6-4で下して、3回戦進出を決め ことで一気に知名度を上げた女子テニスプレーヤー『大坂なおみ選手』です。

ニュース映像を見た瞬間「外人選手?」と思うほどガッチリとした上背のある選手なので、一瞬目を疑った方も多かったでしょうね。

日本人の女子選手といえば杉山愛さんのように身長がそれほど高いイメージがなかったので、大坂なおみ選手が他国の対戦相手と並んでも遜色なく頼もしく映るので、こんな選手がいたんだ!みたいにびっくりしました。

大坂なおみ

『大坂なおみ選手』

世界ランキング127位

身長 180cm

体重 69kg

好きな食べ物はうなぎ!焼き肉!すし!という若干18歳の少女です!

全く知りませんでした。

こんな凄い選手が女子テニスプレイヤーにいたなんて。

いまネット上は大坂なおみ選手の話題でいっぱいです。

❏大坂なおみ選手の強さは父親のDNAを受け継ぎビッグサーブに!

大坂なおみ

大坂なおみ選手は1997年10月16日 大阪生まれの18歳。

父親はハイチ出身のアメリカ人で母親は日本人のハーフです。

3歳からテニスをはじめたようですが、そこには1歳上のお姉さんの存在があります。

お姉さんは「大坂まり」といってテニス選手として活動されていますが、このお姉さんの影響をうけて大坂なおみさんはテニスを始められたようです。

そして15年後、全豪オープンで世界から注目を集めるほどの活躍を見せているのですが、その注目をあつめているのがサーブの凄さらしいのです。

女子でもトップ選手が放つサーブの平均速度は170~180キロ。

そして大坂なおみ選手が放つサーブの最高時速

なんと 201キロ!

もうこれは男子選手なみの凄さです。

やはりハイチ出身のお父さんのDNAを引き継いでるからなんでしょうね。

❏大坂なおみ選手が使うラケットはヨネックス!

スポンサードリンク

テニス選手が使う道具といえば、ラケットです。

注目されると何を使っているか気になるものです。

そこで大坂なおみ選手が使用するラケットにちょっと注目してみました。

大坂なおみ選手が使用するのはヨネックスのEZONE DR 98

EZONE DRは、他社主力商品と比較してボールスピード約7%アップ。 スウィートエリアを広げてオフセンターのパワーを向上させたことで、サーブのリターンや走らされた劣勢な状況でも、攻めに転じる力強いショットを可能にします。

引用元:http://yonex.co.jp/

大坂なおみ選手のようなビッグサーブを放つプレイヤーにピッタリのラケットのようですね。

【EZONE DR 98(Eゾーン ディーアール 98)】

・フェイス面積    98inch²

・全長    27inch

・素材    高弾性カーボン+ナノメトリックDR+クウェークシャットゲル⁺

・サイズ              G2・3(平均310g)/LG1・2(平均285g)

・バランスポイント           G:平均310mm、LG:平均330mm

・カラー              ダークガン/ライム

・推奨張力           45~60(lbs)

・推奨ストリング              ATG850P、PTGP125、PTGF125

引用元:http://yonex.co.jp/

大坂なおみ選手は使用している感想をこう語っています

「パワーがあって、特にサーブが威力を増した」と語り、ストリングのポリツアープロも「ボールが喰いつき、早いスウィングスピードの中でもコントロールがしやすい」

引用元:http://yonex.co.jp/

このラケットだからこそ、大坂なおみ選手のパワーを最大限に引き出してくれているのかもしれません。

まだまだ全豪オープンも始まったばかり!これからもっと強い選手との対戦が待ち構えています。このラケットとともに世界中に『日本人の大坂なおみ』の名を轟かせて欲しいですね。

頑張れ!日本の『大坂なおみ選手』!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする