ドコモ・au ・ソフトバンク!大規模災害発生時に無料でWi-Fiスポットが使える!

平成28年4月14日熊本県熊本地方を震源とした最大震度7の地震が発生したことから、現地で家屋の倒壊やがけ崩れなど多くの被害が出ました。

こういう大災害が発生した時、電気やガス、水道などのライフラインが寸断され、住む家も地震によって被害を受けたことから避難生活を余儀なくされることとなります。

そんなとき人は今周りの状況や自分が住んでいる地域の状況などさまざまな情報を必要とします。

それを可能にするのが誰もが一台は持っているスマートフォンや携帯電話です。

大災害が発生した場合、そのスマートフォンや携帯電話のWi-Fi環境を無料で利用できるサービスが展開されることをご存知でしょうか。

❏無料開放される公衆無線LANの存在

スポンサードリンク

携帯キャリア3社が無線LANビジネス推進連絡会において、大規模災害発生時の被災者の通信接続手段のひとつとしてWi-Fiスポットを無料で利用出来るように協議されてきました。

その結果、大規模な災害が発生した場合公衆無線LANを無料開放するというものです。

◯ドコモ
「docomo Wi-Fi」

◯KDDI
「au Wi-Fi SPOTエリア」

◯ソフトバンク
「ソフトバンクWi-Fiスポット」

これらを利用して、Wi-Fi接続出来る機種なら、スマートフォンはもちろんタブレット端末、

ノートパソコンなどもWi-Fi機能が搭載されれているものがほとんどなので利用できるでしょう。

例えば、ドコモのスマートフォンでもソフトバンクのWi-Fiスポットで無料のWi-Fi環境を使うことが可能ということです。

利用料金や使用可能な容量を気にせず使えるためとても有り難い取り組みですので、是非利用方法を知ってほしいと思います。

❏大災害時の無料公衆無線LANの利用方法

inochi

災害が起こってからこのサービスを利用しようと思っても、なかなか使えないとか、キャリアによってつながらないことがあるので、予め設定しておくことをオススメします。

『スマートフォンの「設定」から

「Wi-Fi」を選択

「ネットワークの追加」から

SSID:『00000JAPAN』を入力

「保存」する』

これだけです。

これによって大災害が発生して公衆無線LANが無料開放された場合は、Wi-Fiスポットに行ってWi-Fi接続を試みると無料で利用することが出来ます。

inochi

もし登録していないのであれば、SSIDサーチ結果を確認(利用可能なネットワーク)して『00000JAPAN』が最上位に表示されているので、それをクリックすることで利用できるはずです。

災害はいつ襲ってくるかわかりません。

常日頃から、災害が発生した時にどのような行動をとったら良いのか考えていることが大切です。

その一つとして「情報の確保」ということを上げておいて、もし携帯繋がりにくい状況でも、無料のWi-Fiが利用できるなら、「LINE」で電話も掛けられます。

誰かと繋がることで安心出来ることもあるはず。

そこから助けを呼ぶことも出来るでしょう。

常日頃から準備して、災害に備えておきましょう。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする