「せいせいするほど愛してる」海里の妻は木南晴夏で橋本マナミじゃなかった!

せいせいするほど愛してる

「せいせいするほど愛してる」も3話を迎えましたね。

前回の終わりに未亜が海里に言った言葉。

「愛人にしてください」

これをアッサリ流されてしまったことで涙する未亜。

まあ泣かなくてもいいと思うんだけど、私だった「来るもの拒まず」で抱きしめちゃいますね。

まあ、奥さんがいるわけだからそれはマズイというのはよくわかります。

表向きはちゃんとした大人とした態度を示さなければいけないというところなんでしょうけど、見ていて少し苛つきました。

内心は気持ちが大きく揺らいだに違いないのに…。

それが今回も登場したエアギターに表現されていたと思うんですよね。

海里的にやり場のない気持ちの現れだと。

それでもこの第3回は大きな展開がありましたね!

ある日、同じ部屋に宿泊することになる二人は結ばれることになります。

そして海里の秘密が明らかに・・・。

Sponsored Link

❐仕事詰めの海里に罵声を浴びせる遥香にイラッ!

社長にお礼を言うために会社を訪れていた遥香を見つける海里。

その二人のやり取りの現場に遭遇した未亜は黙って聞き耳を立てている。

そこで遥香は、最近病室に来てもすぐ帰ってしまう海里に対する不満を爆発させるのだが、その形相が凄まじいったら。

これまで見せられていた仲睦まじい夫婦のような姿は何だったのか。

鬼のように海里に食って掛かる遥香(橋本マナミ)が恐ろしくて、家族を顧みないと女性は怖いなと感じずにはいられないシーンでした。

「優香にはあなたしかいないの?」

どういう意味?

ここでの会話を聞いたら、誰しも優香は子供だと思うだろうな。

病気の子供をほ放っておいて仕事ばかりしている父親というふうにしか見えないし。

すっかりそう思い込んだのが未亜だったけど、またこれで海里に対してより自分に対して気持ちを混乱させることになるんだから。

原作と違って病室にいるのは「子供」だったのか!

前書いた記事では原作では意識不明の奥さんがいることになっていると書いたから、原作と変えてるのかと思ったんだよね。

しか~し!

ある日、元カレが突然現れて海里の秘密を教えてやると病室に未亜を連れて行ったんだな、これが。

その病室に横たわっていたのは人工呼吸器に繋がれている女性だった。

ということは娘じゃなくて奥さんということだ!

元カレがこの女性が海里の奥さんだと告げると未亜はその場に立ちすくむ。

やっぱり原作通りだったな。

奥さん人工呼吸器につながれて意識がない状態だ。

初回から奥さんのことがどうしても気になっていたんだけど、ようやく謎が明らかになりましたね。

でも、この奥さんになってる女優さんって誰だろう!

Sponsored Link

❐海里の妻役は木南晴夏だった!

目をつぶって横顔しか映らなかったから、この女優さんって誰だろうと思ったら

木南晴夏さんでした!

とうとう奥さんが誰なのかわかって、未亜がどうするのか次回が気になるところだけど。

意識がない奥さんを放っておいて、未亜と夜を過ごすとはなかなかやるな。

でも男ってそういうところあるだろうね。

今この時間は別の女性と過ごしていても、ちゃんと奥さんのところには何もなかったような顔をして帰れるんだから。

「せいせいするほど愛してる」4話・海里の苦悩の元凶妻(木南晴夏)が目覚める!

さあ、これからの展開が気になるところだけど、未亜の気持ちがまた揺れ出すだろうね。

それもこのドラマの見どころじゃないかなと思うんですけどね。

家族がある、それも複雑な問題を抱えている海里との大人の恋は、一度結ばれたからもうこのまま行けばいいとはならないだろうね。

やっぱり相手の現実を知ってしまうと、平常心ではいられないだろうから。

まだまだこのドラマには2つ3つ波乱が待ち受けてるかもしれないですね。

第4話の海里と未亜の交錯する気持ちが見られると思うとワクワクします。

それでは次回を楽しみに!

せいせいするほど愛してる最終回予想!海里と未亜は結婚どうなる?!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする