【大麻逮捕】高樹沙耶が「シバ」と崇める森山繁成氏と共同生活者とは!

自宅で大麻を所持していたとして逮捕された高樹沙耶さん(53歳)とかつて不倫同棲報道された森山繁成氏とはいったいどんな人物なのか。

『爆報!THEフライデー』では狭心症の治療のため家族の理解もあって石垣島に渡り、高樹沙耶さんと同居していると語る森山繁成氏は58歳。

その理由もどうかと思うのですが、狭心症の治療ならちゃんとした病院で治療できる環境のほうがいいような気もします。

地方の田舎にいたら、いざ狭心症発作が起こった場合にすぐ診察が可能かどうかを考えると、石垣島にいる理由も高樹沙耶さんが大麻所持で逮捕されたことも考えると疑わしいですよね。

もともと森山繁成氏は「大麻検証委員会」の代表でしたが、現在は解散しているはずです。

現在は「全国勝手連合会・大麻取締法第四条廃止勝手連代表」として活動されているようですが、実態がどんなものかは不明です。

Sponsored Link

Twitterでも常に大麻に関する話題や高樹沙耶さんが参議院選挙に出馬されることになった頃もたくさんTweetされています。

このように一生懸命に高樹沙耶さんの選挙応援されていました。

なぜここまでして大麻を合法化しようと考えているのでしょうか。

「医療大麻」を隠れ蓑にして、合法的に大麻をさいばいすることで大金を得ようと考えたのか、そしてそれらを密売しようとしたのかは推測の域をでません。

他にも小見祐貴さん(26歳)と和田英幹さん(41歳)平山誠氏(64歳)の3人と共同生活をされたいたわけです。

小見祐貴さん(26歳)は世界放浪中に石垣島にたどり着いて、何故か共同生活をするようになったとか。

和田英幹さん(41歳)は元建築関係の仕事をしていた技術者

平山誠氏(64歳)は3年前まで参議院議員(新党改革)をしていたという異色の共同生活者

この男性達と高樹沙耶さんとの関係はハッキリしていませんけど、逮捕によって同居人である残る4名も取り調べを受ける可能性はあるでしょうね。

Sponsored Link

❐高樹沙耶は森山繁成氏を「シバ」と崇めていた?

あるブログのなかで森山繁成氏と話をしたことがある方がいて、その時そばにいた女性が

「あの人はすごい人なんですよ 云うならシバのような人です」

引用:http://ameblo.jp/yamasaki117/

このように語っていたようです。

その女性が誰なのかは書かれていませんでしたが、共同生活をいとなんでいた高樹沙耶さんではないかと推測されます。(コメント欄に高樹沙耶さんと書いてありました。)

では「シバ」とはどんな存在なのでしょうか。

シバ(シヴァ)とはヒンドゥー教の3最高神の一柱といわれている破壊を司る神です。

昔シバ神がヒマラヤの山上で瞑想をしているときに、大麻の花を食べていたと言われているくらいに大麻と関係もあり、いまでもバングー(大麻製品)をシバ神へのお供え物として用いられているようです。

シバは神ということから、高樹沙耶さんは森山繁成氏を神と思っていたということなのでしょうか。

どうしてそこまで心酔することになったのか、高樹沙耶さんから語られてはいませんが、もしかしたら大麻所持逮捕と関係があるのかもしれません。

❐あとがき

人を心酔するということは、その人の生き方や考え方全てを受け入れてしまうようになっていくのでしょうか。

高樹沙耶さんもそうだったのか。

それが違法であっても捻じ曲げて解釈してしまうほどの何かを森山繁成氏がもっていたのかわかりません。

ここは日本であり法治国家です。

誰であろうと法を犯したら罰せられなければなりません。

森山繁成氏がどんな人物であろうとも。

追記

森山繁成氏と共同生活者の小見祐貴さん(26歳)も逮捕されたそうです。

大麻は森山繁成氏が所持していたと供述しているようです。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする