オーストラリア戦先制アシストは本田!危機感・低評価にいらないと言わせない

Sponsored Link

いよいよ決戦の時が来た!

2018FIFAワールドカップロシアW杯アジア最終予選第4節。

本田圭佑を1トップにオーストラリア代表と対決です。

試合が行われるのはオーストラリア・メルボルンのドックランズスタジアム。

このオーストラリア代表戦には不安要素がたくさんありすぎます。

長友の脳震盪による負傷欠場や武藤もでられない。

更にDF酒井宏樹が前回イエローカードをもらってしまったことで累積警告で出場停止です。

これだけ厳しいチーム状態でいかに勝利を掴み取るかですよね。

やっぱり頼りになるのが本田圭佑選手です。

チャンスメーカーとして、そして日本代表チームのリーダーとして本田圭佑選手には活躍してもらわなくてはいけません。

誰がヒーローになるかはわかりません。

でも本田圭佑選手がヒーローになってくれることを願ってやみません。

日本代表スタメンメンバーは

GK西川周作(浦和)

DF槙野智章(浦和)

森重真人(FC東京)

吉田麻也(サウサンプトン)

酒井高徳(ハンブルガーSV)
MF山口蛍(C大阪)

長谷部誠(Eフランクフルト)

香川真司(ドルトムント)

本田圭佑(ACミラン)

FW原口元気(ヘルタ)

小林悠(川崎)

Sponsored Link

待ち遠しい日本代表対オーストラリア代表戦

香川真司選手もスタメン入りしていることから、本田圭佑選手との連携が見ものですね。

本田自身凄く危機感をもって試合に臨むでしょう。

こんな状態では日本はダメだと!

それに本田圭佑をいらない!という人たちもいるようです。

しかし、そうでしょうか。

本田圭佑は異質な人間かもしれません。

その異質こそが今の日本代表に必要なんです。

彼が吠える

それが他の選手に響かないわけがない。

いろんな考えがあって当たり前。そのぶつかり合いが化学合成を起こして新しい日本代表が出来上がってくるんですから。

このオーストラリア代表との試合で、本田圭佑選手は証明して見せてくれるはずです。

【最新情報】

本田選手のアシストで原口元気選手が先制ゴール!

本田圭佑選手の縦パスから、ゴールキーパーと一対一になった状態から

原口元気選手がゴールを決めました!

これは本田圭佑選手のアシストから生まれたゴールです。

やっぱり本田圭佑です。

この先制アシストは素晴らしすぎます。

でも、まだ序盤です。

もっとゴールを決めて、決定的点差で勝利してほしいです。


日本代表とオーストラリア代表との決戦の結果は

1対1 ドロー

本田圭佑のアシストから原口元気の先制ゴール!

これを守りきれなかった。

しかし、アウェーのなか善戦したんじゃないだろうか。

それでも絶対勝たなければならない試合だった!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする