【爆報フライデー】ボートニャー青に間違われた鈴木蘭々が現在同棲している猫が可愛い!

『爆報!THEフライデー』

2月10日の爆報!THEフライデーに鈴木蘭々さんが登場されるということで、とても久しぶりに拝見出来るとあって楽しみです。

鈴木蘭々さんは、ショートカットが可愛くて、それでいてどこか不思議なイメージのタレントさんという印象でしたけど、現在はどんな素敵な女性になられているんでしょうか。

それに爆報THEフライデーでは、怪しい???と同棲なんていわれてましたけど、全然怪しくないです。

だって『猫』なんですから。

猫好きの方には、とても興味がありますよね。

どんな生活なのかは、たぶんテレビでしっかり放送されるでしょうね。

それと合わせて鈴木蘭々さんの過去と現在を、簡単に調べてみましたので、ご紹介します。

Sponsored Link

❐一番印象に残っているのは、やっぱり『ポンキッキーズ』

鈴木蘭々さん(本名は鈴木智子)は1975年8月4日生まれで、現在は41歳ということになります。

もうそんな年齢になられたんですね。

画像を拝見しても、ぜんぜん若く見えるのでちょっと驚きました。

その鈴木蘭々さんが一躍注目を集めた番組が、フジテレビ系の子ども番組「ポンキッキーズ」でした。

あの頃は、安室奈美恵さんとコンビで出演されていて「シスターラビット」として、うさぎの着包みで登場するんですから、メチャクチャ可愛かったです。

あの頃はけっこうはじけちゃってましたし、大人も子供も楽しめた番組構成だったので、いっきに人気に火がついたって感じでした。

YouTubeに、かわいい鈴木蘭々さんと安室奈美恵さんの歌もあるので検索してみてもいいでしょうね。

鈴木蘭々さんと安室奈美恵さんの動画はコチラ!

❐怪しい同居人はかわいい猫ちゃんだった!

鈴木蘭々さんは現在独身なんですけど、同棲というか同居人がいます。

それが『猫』ちゃんです。

2匹の可愛い猫ちゃんといっしょに生活されているんですよ。

とにかく猫が大好きで「猫会」という猫が大好きな独身者が集まって食事をする会があるとか。

鈴木蘭々さんインスタグラム

恋愛に関しても

『俺と猫どっちが大事なんだ?』なんて言われたら

「そんなの猫取るに決まってる」

堂々と宣言するそうです。

ここまで猫好きなら、もう結婚どころじゃない気がしますけど。

それほど2匹の猫との生活はしあわせなんでしょうね。

鈴木蘭々さんも41歳。

婚期もすでに逃しているのかもしれませんけど、同じ猫好きの素敵な男性が現れたらもしかするかもしれませんね。

Sponsored Link

❐競艇のボートニャー青と思われていた鈴木蘭々さん!

競艇のCMに猫のコスチュームに扮したダンサーが登場します。

すごいインパクトのあるCMですし、マスクを着けているので誰がやっているのかわからない魅惑のボートニャー。

ネット上では人物予想が話題になってました。

いまはボートニャーの正体が明らかにされているので、ちょっと紹介しておきますね。

・レッド(渡辺直美)

・イエロー(YUKA)

・ブラック(今野昌乃)

・ホワイト(クレメンティン)

・グリーン(ヘマ・モラレス)

・ブルー(青山江梨子)

この中のボートニャーブ(青)じゃないかと言われていたようですが、正解は青山江梨子さんでした。

ボートニャーブルーの正体が分かっても

誰?って感じでしたけどね。

でもどうして鈴木蘭々さんだったのでしょうね。

考えてみると、たしかに見た目、雰囲気が鈴木蘭々さんに感じられることもあったのかなって思ったんですけど、雰囲気と猫好きということでボートニャーになってるんじゃないかと誰もが思ったんじゃないでしょうか。

でも、鈴木蘭々さんが猫好きってどれだけの人が知ってたのかですよね。

テレビでの露出も少ないですから、たぶん雰囲気でそう思ったというのが正しいかと。

無名の女子大生よりも、鈴木蘭々さんがボートニャーブルーとして登場した方が、やっぱりってことで盛り上がったかもしれませんね。

ボートニャー

❐あとがき

鈴木蘭々さんがひさびさにテレビに登場されるということで、記事にしてみました。

現在は舞台のお芝居で頑張っていらっしゃるようです。

ひと月ほど前には、なにやら左足を捻挫&剥離骨折されたそうで、そんな状態で舞台に立てるのかなって思っていたら、ちゃんと初日を迎えられたそうです。

ほんとよかったですね。

オフィシャルブログでは、41歳には見えない可愛い鈴木蘭々さんが猫ちゃんと共にたくさん見られますから、ときどき覗いてみられてはどうでしょうか。

早く怪我が治られることを祈っています。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする