釈由美子さん多嚢胞性卵巣症候群を乗り越え妊娠!高齢出産のリスクとは!

釈由美子さんが実業家の旦那さんとご結婚されてから3ヶ月が経った1月15日にご自身のブログで妊娠の報告をされましたね。

お父さんの喪があけたということでの発表でしたけど、お父さんがなくなった事自体知りませんでした。

釈由美子

そのお父さんが亡くなられてからすぐに妊娠がわかったことで、何か不思議なものを感じられているんじゃないでしょうか。

釈由美子さんはスタイルも良くて綺麗なんですけど、チョット天然な感じで可愛らしいイメージなんですけど、こうやって結婚されお母さんになられると思うと、ほんとに良かったなって心から思います。

❏釈由美子さんも母体に気をつけてほしい高齢妊娠と出産

釈由美子さんはもう37歳になるので、出産年齢が38歳になってしまいます。

赤ちゃんができたことはとても喜ばしいことなんですけど、チョット心配なことがあります。

それは高齢出産だということです。

一般的に35歳以上の出産を高齢出産といいますが、釈由美子さんが出産を迎える年齢は38歳になります。そこでどんなリスクがあるのか釈由美子さんにも知ってもらいたいですね。

一つは染色体異常の赤ちゃんが生まれてくる可能性が高いことです。高齢になると卵子も同じく高齢なので、染色体異常のダウン症の赤ちゃんが生まれてくるリスクがあることです。他にも、高血圧になったり蛋白が尿に出てきたりして体がむくんだりといろんな症状がでてくる「妊娠高血圧症候群」というものもあります。妊娠中は体調が崩れやすいので、本当に気をつけて欲しいですね。

スポンサードリンク

❏釈由美子さんの多嚢胞性卵巣症候群とはどんな病気?

ブログで釈由美子さんがご自身が「多嚢胞性卵巣症候群」であることを明かされていました。あまり聞き慣れないんですが、排卵障害を引き起こす一つの原因のようです。卵巣に卵胞がたくさん出来てなかなか排卵できない状態をいうようです。

そんな症状を抱えての今回の妊娠は、釈由美子さんご夫婦にとって奇跡のように驚きとともに喜びも最高潮だったことでしょう。

釈由美子

これからがとても大切な時間ですね

新しい命が芽生えて、これから一緒に成長される釈由美子さん。

その報告を聞いた誰もが「無事に生まれますように」と祈ったと思います。

釈由美子さん自身、あまり幸福なように見えない方なので、余計にどうか神様お願いしますという気持ちです。

これからは無理をされず、ご自身とお腹の赤ちゃんのことを最優先に考えて下さい。

そして無事に赤ちゃんと出会って欲しいと思います。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする