高橋洋子は朝ドラ「北の家族」ヒロイン!今は作家と両立!駅弁も健在【画像】

爆報!THE フライデー【あの人は今…騙された手口!大公開SP】に、かつて朝ドラのヒロインをつとめた女優の高橋洋子さんが出演されるようです。

昔の画像をみると初々しくてかわいいですよね。

番組では、現在は驚きの職業に転身!ということで、どんなお仕事をされているのか興味心身ですが、その仕事というのは「作家」なんじゃないでしょうか。

高橋洋子さんは、1981年小説「雨が好き」で第7回中央公論新人賞を受賞されているので、いまでも執筆活動をされているんじゃないでしょうか。

そこは番組で詳しく紹介されるでしょうね。

ここでは高橋洋子さんがどんな朝ドラに出演されていたのか調べてみました。

Sponsored Link

❐高橋洋子さんは朝ドラ「北の家族」のヒロインだった!

高橋洋子さんが、NHKの朝ドラにヒロインとして出演されたのが1973年。

昭和48年4月のことです。

44年前の朝ドラですよ。

当時もやっぱり家族がテーマだったようですね。

ドラマの舞台は、北海道の函館、金沢、横浜、宇和島と移っていったようで、家族のさすらいを通して家族について考えるものだったようです。

そのヒロインが佐々木志津役の高橋洋子さんでした。

高橋洋子

出典:https://textream.yahoo.co.jp/

いやいや初々しくて、とても可愛いですね。

平均視聴率は46.1%という高いもの。

最高視聴率も51.8%という驚異的な数字です。

今では20%を超えればいいくらいになってしまったNHK朝ドラですけど、どれだけお茶の間に愛されていたドラマかよくわかりますよね。

兄役で清水章吾さん。
母親役で左幸子さん。
父親役で下元勉さんが出演されていました。

北の家族 主題歌

https://matome.naver.jp/

主題歌はフォークグループ赤い鳥が歌う「風は旅人」。

驚いたことに朝ドラ『北の家族』にちなんで駅弁まで発売されていました。

それも今でも売られているというのですから驚きです。

北海道キヨスクで北の家族弁当(幕の内弁当)¥1100で売られているようです。

それだけ人気があったということなんでしょうね。

Sponsored Link

❐あとがき

高橋洋子さんはいまでも女優業をされているんですよね。

昨年は新作の『のっぴき庵』(講談社)を出されているみたいです。

女優業と作家業どちらが本業なのかときかれ、女優のほうが隙間産業だそうなので、これからも執筆活動に勤しまれるんでしょうね。

これからの新作が、また楽しみになりました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする