「山の日」新祝日はなぜ8月11日?その由来は!関東のイベント掲載!

2016年から初めて8月にも祝日が出来たことをごぞんじでしたか?

今年のカレンダーの7月をめくるまでは、気がつかない人もたくさんいることでしょうね。

今まで8月には祝日がありませんでしたけど、今年初めて祝日が誕生しました。

そういう私も全く気が付いていませんでしたけど、ちょっとカレンダーをめくってみてください。

『8月11日(木曜日)』

数字が赤くなっていると思います。

たまたまネットで検索していて見つけたのですが、国民として新しい祝日が出来たことを知らなかったことが恥ずかしい。

この「山の日」は国民の祝日としては16番目になるそうです。

、「に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」

日本はたくさんの山からたくさんの恵みを頂いて、ともに生きてきた歴史があります。

海の日もそうですが「山の日」には山に感謝する気持ちを呼び起こすことが大切ですね。

でもどうして8月11日なのでしょうか。

学校に通っている子どもたちにとっては、夏休みですから全く関係のない日です。

社会人にとってもお盆休みとはちょっと離れているだけに、あまりメリットのない中途半端な日付ですよね。

どう考えてもこの祝日は何かが絡んでいるとしか思えないので、「山の日」の由来や祝日やイベントが行われるようなのでちょっと調べてみました。

❐2016年新祝日「山の日」の由来とは!

そもそもどうして「山の日」という祝日が出来たのかというと「日本山岳会」や全国自治体、全国「山の日」協議会加盟諸団体など山に関係する団体からの要望によって検討が始まり「山の日」が作られるようになったようです。

「海の日」があるのですから、山を愛する方にしたら作って欲しいという気持ちはわかりますよね。

そこで「何月何日」にするかで色んな意見が出たようなのですが、最初は連休にしやすい日ということで「8月12日」という案が採用されたようなのです。

しかし、その日は日本航空123便墜落事故と重なることもあり、その日を祝日にすることに異論が出たため最終的に8月11日に決まったということです。

それでもお盆休みとは少しはなれていますけど

2017年8月11日(金曜日)

これなら土曜日休みでお盆休みを考えると5連休になります。

2018年8月11日(土曜日)

お盆との間に日曜日が入るので、これも5連休になります。

こうやって見てみると、うまく休みを入れられる人ならまとまった休みが取れるのですから、なかなか良い日だと思います。

❐こんなにあった全国の「山の日」

スポンサーリンク



「山の日」が制定される前から全国で独自に「山の日」をつくりイベントなどが行われていたようです。今後は各府県でその日をどうのようにするかが検討されることでしょう。

・里山の日(千葉県)5月17日

・信州山の日(長野県)7月第4日曜日

・やまなし山の日(山梨県)8月8日

・ぎふ山の日(岐阜県)8月8日

・富士山の日(静岡県)2月23日

・おおさか「山の日」(大阪府)11月第2土曜日

まだ他にもあるようですね。

それだけ山を愛する方々が多いということなのでしょう。

❐「山の日」を広めるために全国で行われるイベント!

日本の山といえば「富士山」が一番に浮かんできます。

その富士山のイベントはないかと探してみたところひとつ見つけたのでご紹介します。

いよいよ国民の祝日に制定!山の日は富士山に登ろう!

出発地:千葉県、埼玉県、東京23区、多摩・西東京、神奈川

出発月:8月

—この日だけのイベント特典—

・オリジナルマップ

・特製弁当

・富士宮囃子の演奏

・さくやちゃんとミス富士山が現地でお出迎え

・山小屋スタンプラリー

・イベントオリジナル登頂証明書

・お買い物券(300円分)

・ようかんパンのちょっぴりプレゼント

・入浴付き

・富士山名物があたる抽選会開催

すごい特典ですね。

詳しくはグランツーリズムのサイトでチェックしてみてください。

ここまで来月迎える「山の日」について書いてみました。

祝日が増えても仕事で関係ないという人も多いでしょう。

それでも働き過ぎている日本人にとっては、祝日が増えることはいいことだと思います。

これを機にもっとたくさん「国民の祝日」が制定されていけばいいですね。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする