下町ロケット2

 

前作の下町ロケットがロケットエンジンのバルブシステム開発に社運をかけての
ドキドキする展開だったので、今回の下町ロケット2は、またどんなドキドキ
を見せてくれるのか楽しみなんですが、キャストにイモトの名前が!

イモトアヤコが天才エンジニアの役で出演するということで
一抹の不安を私の頭の中をよぎったんです。

珍獣ハンターであるイモトアヤコが出演するということは
もしかしたらこの下町ロケット2に現れる珍獣を捕まえるために現れたのかと…

もしそうなら面白いんですけど(笑)

スポンサーリンク

まずはどんな演技だったのか私見をまじえながら語っていこうと思います。

イモト不要論を吹き飛ばす演技力⁉︎

イモトの演技力ってどうなの?
視聴者のだれもが疑うところですよね。

だっていつも世界中を飛び回ってるんですから
演技の勉強するどころじゃないはずです。

下町ロケットの第1話と第2話を見たんですけど
やっぱり台詞回しがイモトでした!

そもそも元帝国重工の天才エンジニアという設定自体に
ちょっと無理があるようない気がするんですよね。

でも

まだドラマは始まったばかりですから
これから世界中を旅して身につけたであろう
人間イモトの魅力を発揮してくれるんじゃないかなって
思っています。

しかし、女優という発展途上国に旅をしているイモトが
ドラマのなかで見せるあれ・・・

「涙」

この涙に世間がざわついてるようなんですね。

イモトが見せる涙に感動?疑問?

ギアゴーストのエンジニアであるイモトが、佃製作所が作った
トランスミッションを見て、涙を流すシーンがありましたよね。

コンペで佃製作所のトランスミッションをじっと見つめるイモト。

そして、なぜか一言も発せず「涙」を流すんです。

その演技に

「なんで泣いてんやろ?」

って思ったんですが、すぐに感動してるんだろうな!
ということに気がついた次第です。

でも思ったんです。

「ここで涙は必要なのか?」って!

そう思った視聴者も多かったはずなんです。

だって鉄の固まりみて涙なんて、私ら一般人にはわからないですから。

ドラマの設定では天才エンジニアなんですから
それに成り切ってるのかなって思うところもありましたけど。

それでもちょっと不自然な気はしています。

贔屓目に見ても、美しいとは言えないイモトの涙でしたけど

彼女の真剣に天才エンジニアを演じようという気持ちは
しっかり伝わった演技だったかなって思います。

これが女優・イモトアヤコの魅せる演技なんだなって思うと
この先どんな演技が見られるか楽しみですよね。

スポンサーリンク

下町ロケットにイモト不要論なんか存在しない!

下町ロケットもまだ2話しかしていないんです。

それでも2話とも出演して、未熟でも真剣な眼差して演じるイモトの姿は

美しいですよね(笑)

それ故に、イモト不要論なんてだれが言ったんでしょう。

棒読みのセリフだっていいじゃないか。
ぎこちない仕草だっていいじゃないか。
お世辞にも美しいとはえない涙だっていいじゃないか。

イモトなんですから!

笑いを求めてもいないし、演技力を求めていない。

ただ下町ロケットの中で、存在感をしっかり出して欲しいんです。

2話を見る限り、ギアゴーストを買収するということから

この先佃製作所とギアゴーストは切っても切り離せない関係に
なっていくでしょうから、イモトも必ず登場するはずです。

だって佃製作所はトランスミッション開発を会社の軸にしたいと思ってるんですから。
だからイモトは毎回登場して、涙を流すんじゃないかなって思ってます。

下町ロケットでイモトはあと何回涙を流すのか!

イモトが涙を流したもんだから、ネット上にはイモトの涙の話題で盛り上がってますが
この先何回涙を流すのか気になるところですよね。

えっ?

気にならないとおっしゃる!

まあ 有村架純ちゃんが涙を流すのなら

何度でも見たいというのが、皆さんのご意見かと思うのですが

イモトですよ。

イモトアヤコさんです!

できたらこの2話で泣くのは終わって欲しいと思ってますけど
下町ロケット2もこのまま、すんなり買収が進むとは思えないので

3話以降も泣くんでしょうね。

だから、あと何回だって?

わかりませんよ。

でもこれで終わりではないはずです!

あとがき

イモトアヤコさんを天才エンジニアに仕立てるとはどういうキャスティングなのか
ちょっと違和感でしたね。

エンジニアといえば男性をイメージしていたので、女性であるイモトをキャスティングするなんて
ありえないと思ってました。

原作を読んでないから、なんともいえないですが、下町ロケットの回が進めば
その違和感も消えていくんじゃないかと、ちょっと期待はしています。

いつまでも珍獣ハンター・イモトではいられませんよね。

いままでもそれなりにドラマや映画にも女優として出演されてきたわけですから
ここでまた女優イモトを魅せつけてやればいいんですよ。

これからのイモトの演技にちょっぴり期待して、下町ロケットが盛り上がっていけばいいですね。

スポンサーリンク